ありふれた初心者向けの外為の雑誌では「損失が生じたケースではナンピン買いをして全体の平均のコストを抑える事ができる」などとアドバイスしている事もありますが、正直ナンピンには目に見えない引っ掛けが隠れています。土曜でもキャッシングできる消費者金融!休日に即日融資も可能!

まずは、ナンピン買いのやり方について易しく述べます。ボニック

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。水をたくさん飲む猫の病気

$(ドル)買いですので円安ドル高になれば黒字を得られますが思い通りに行かず1ドル=95円までドル安方向に向ったとします。美白クリームセシュレルの定価とは?定期購入と価格について徹底調査!

このままの状況でポジションを所有し続けたらマイナスをなくすためには円高になった分、ドル高に向う必要があります。

みんな、マイナスは可能な限り早く0にしたいと考えます。

そこではじめに取引したのと同額の$(ドル)をエントリーします。

そうすると、平均の価格は1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。

その結果、2.50円の幅でドル高に推移すれば損を失くすことが出来ます。

この流れがナンピン買いの仕組みです。

このような、ナンピンの手法を目にすると、「ごもっとも」と考えたりするが外国為替市場は簡単には問屋を卸しません。

もとより、95円以下にならないとは、なんびともわからないのである。

例として、為替がかなり強い円高動向であるならば1ドル=95円では収まることなく一段の円高が加速するリスクは高くなります。

一例として、97.50円でナンピンをした場合に、95円まで円高ドル安が速んだらナンピン買いを入れた分についても、損が生じることになってしまうのである。

そういう状況では一番初めに買ったドルと合わさって、2倍の損失を被ることになる。

それほど、ナンピンは難しいのだ。

では、マーケットがあなたのストーリー展開とは反対の方向にさっと進む場合どういったやり方で危険性を軽減すればいいのだろうか。

そこで取るべき方法は多くはありません。

まずひとつめは覚悟を決めて、損失を確定する事です。

ふたつめは、あなたが持っている買いポジションを小さくする事によって、再度為替相場が元のようになるのを大人しく待機する事だけです。

少し受動的なやり方だとみる方もいるだろう。

しかし、持っている買いポジションに為替差損が出た場合、正しいやり方はこれ以上のものは考えられない。

言うまでも無く、理屈の上では、ナンピン買いをする術もあると思います。

しかしナンピンはあなた自身がマイナスになっているのに、買いポジションを無くすどころか、それとは反対にポジションを積み増していく手法です。

この考え方では、リスクを避けることなどどこをどうやっても無理だ察するべきです。

ナンピン買いを続ければいつかは儲けが出るかもしれません。

けれども、そうなる先にお金がマイナスになってしまいます。