よくある初心者用の外為取引の教科書では「損が生まれた場合はナンピンをすることによってポジション全体の買い付け価格をコントロールする」と助言されていると思いますがここには目に見えない危険性があります。体脂肪率 落とし方

最初に、ナンピン買いのロジックに関してごく簡単に述べます。酵素ダイエットおすすめ

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとします。コンブチャクレンズ 口コミ

$(ドル)買いですので、ドル高になれば利益が出るわけだが、思っていたのとは逆に95円までドル安に向ってしまったとします。楽天ブログアフィリ

この状況で保持し続けたとしたら、利益がでるためには、損した分ドル高が進まなければなりません。73-14-63

誰でも、マイナスはなるべく早くリカバリしたいと思います。自由に生きよう

この状況を打破するため最初にエントリーしたのと同じだけの$(ドル)を、1ドル=95円で売買します。不倫がしたい

これで、ポジション全体のコストは1ドル=97.50銭まで引き下げることができます。ナースバンク 大牟田市

この結果、2円50銭の幅でドル高に推移すれば赤字を失くすことが出来ます。

それが、ナンピン買いのやり方です。

このとおり、ナンピン買いの手法を目にすると、「ごもっとも」という風に思うが、相場は簡単には思った通りにはなりません。

元々、1ドル=95円より下がらないとは、なんびとも分かるはずがありません。

もし、為替相場が相当の円高傾向だったら、1ドル95円では収まらず更に一段の円高が進む確率が高いです。

例として、97円50銭でナンピン買いをした場合に、1ドル=95円までドル安が速んだらナンピン買いした分についても為替差損が生じます。

それでは、一番初めに注文したドルとトータルで更なる損を被ることになります。

それほど、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

それでは、為替があなたのストーリー展開とは逆にみるみる向ってしまった場合どういう対応で危険の確率を軽減すればいいのだろうか。

この場面では選ぶべき選択肢は2つ。

ひとつめは潔くあきらめて、ポジションを閉じる事です。

もうひとつの選択肢としてはその時に、保持している買いポジションを少なくする事によって、相場が元のようになるのを待機する事です。

ずいぶん後ろ向きな手法だと感じる投資家もいると思います。

だけど、自分が所有している買いポジションに差損が出た時、一番適切な手法はこの他にはあるはずがありません。

当然、机上ではナンピンをするという術もありえます。

けれどもナンピン買いは、あなたが損失を出しているのにポジションを縮小するどころか、それとは反対にポジションを積んでいく手段です。

この対策では、危険性をコントロールすることなどどう頑張ってもできないと考えたほうがいいです。

ナンピンを続ける事ができればいつかは儲けが出るかもしれません。

しかし、それ以前にお金はマイナスになってしまいます。