クレカを解約する際のやりかたそのものはまことにたやすいことですが使用不可能化するに際して気をつけたい事柄に関してもわかっておくと、クレカの契約解除申請なども上手に終わらせることが出来るようになるでしょう。列挙して記してみました故余裕があれば参照して頂ければ、と思います。カード加入を完了させた後時間をおかず間髪入れず契約解除申請するのは控えるべき≫カード会社発行したすぐ後間髪入れずそのクレジットを使用取りやめにした場合信用のない顧客という風に取り扱い会社に認定されてしまうなどというありがたくない出来事が起こり得ます(例えば何度も加入⇔解約というやり取りをしてしまったという場合)。特筆すべきは成約時のプリペイドカードのプレゼントの獲得が目的である加入の際商品券あるいは各種特典などという作成特典の全てを獲得したということで直ちに解約をした方が良いと考えたくなるような考えも納得できます。そうは言ってもクレジットカード会社の視点で見れば迷惑な利用者に関して一切組織の用意するクレジットカードをいいように利用されて欲しくないと言う風に評価するという意思決定が下されても不自然ではありません。入会時の特別待遇だけを目当てにクレジットカードを登録した場合でも即使用取りやめに行わずに最低でも半年、出来れば契約後1年にわたって登録したカードそのものは所持し続けておくということを推奨したい。また加入特典のみに限らずとりあえず契約して手に入れてはみたけれどもいつ使えばいいかわからないから今すぐにでも使えなくしたいという時に及んでもまず180日経過するまでは財布の中のクレジットカードを所持して欲しい。クレジットを受け取る側が予想するのとは裏腹にカードというものを確認作業等を含めて交付するときの費用というものは生じてしまうものなので、ちょっとでもお詫びなどと考えて余裕あるコミュニケーションを取って頂けるのならば良いのではないでしょうか